業務案内

金本建設株式会社の主力業務は型枠工事です。主にマンションや商業施設、病院・学校などの公共施設における建築型枠を数多く請け負っております。
広島市に拠点を構え、地元に密着した活動を続けています。安全管理を徹底し、熟練の技術で高品質な施工を迅速に実現いたします。

建築型枠工事

コンクリートで強固な建物を建設する際、すでに成型されたコンクリートの塊を現場に運び入れて組み上げる方法のほかに、生のコンクリートを現場で固めていく方法があります。後者の場合、コンクリートを固めるための「型枠」が必要です。
型枠をつくるには、まず図面の読み取りから作業を始めます。その後、必要な部材の加工や現場での墨出しを経て建て込みへと移行します。
自ら携わった箇所が、やがて柱や梁として建物を支えていきます。そのぶん大きなやりがいと達成感が得られる工事です。

型枠工事の流れ

STEP-1

拾い出し

施工図面を読み取って、柱・壁・梁・スラブといった構造部分の形状や寸法、数量を計算。それらを製作するために必要な型枠の加工図を作成します。

STEP-2

加工

加工図をもとに、合板や桟木などの材料を加工場で切断。できた部品を正確に組み立て、パネル、柱型、梁型や補助などを製作します。

STEP-3

墨出し

墨出しとは、水平垂直を確認し、壁や柱の場所を示すために墨で線を引く作業のことをいいます。
墨出し後は、墨を打ったところに合わせ、コンクリ釘で桟木を打っていきます。
壁や柱の型になる型枠を建てるので、水平を保つために計測器等を使用しながら慎重に作業を進めていきます。

STEP-4

建て込み

あらかじめ加工しておいた枠を現場に運び入れて、墨出しにより印がついた場所に丁寧に建て込んでいきます。

STEP-5

コンクリート打設

「打設」とは生のコンクリートを型枠に流し込んでいく作業のことです。かかる圧力を均等にし、ズレが生じないよう慎重に作業を進めていきます。

お問い合わせ  採用情報